冬まっただなか

自分が描いた絵とか雑談を載せて行こうかなと思うブログです
--*--*-- ----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○
2013*01*17 Thu09:43

俺のおじさんは牛を飼ってる


1:20~

最近はLeft4Dead2とBorderlands2をよくやっています。この音楽(?)は後者のものです。
どちらも協力型のFPSゲームです。
どんなゲームだろうと友人と一緒にプレイするのは楽しいですね。

まぁ世の中には友情破壊ゲーなんてものもあるようですが(遠い目


さてさて、先週末はこみトレという口実の下に大坂に遊びに行ってきました。
焼肉食べたりお酒呑んだり語らったりお酒呑んだりとしてきました。
楽しかったです。やっぱり関西勢は良いですね。ノリの良さが気持ち良いです。

そんな関西への遠征で、ゲスト依頼を貰ってきました。
今年の目標はゲストや合同で色々な人の原稿に顔を出すことですが、

まさか東方以外でゲストを受けることになるとは。


モバマスです。
プレイしてないんですけどね。
プレイしてないまま描くのはアレなんで、ゲスト代ということでCDを買ってもらいました。

きらりの。

元々182cmだの186cmだの言ってるのは聞いてたのですが、
どうにもぶっ飛びキャラだということで別にスルーで良いかなと思ってたのですが
相方の家できらりのCD聞いた時にイメージ変わったんですよね、
あそこまで飛んでる設定だとそれはそれで好きになるんです僕。
と言うワケで気になってはいたので受けてみました。CDを貰って。
で、ちょいちょいと描いてみました。

kirari-01.jpg
kirari-02.jpg
いやぁ、難しいですね。
可愛い(絵)は、難しい。
いやぁ、普段から自分では可愛いと思ってるのを描いてるのですが、
一般的な可愛いという方向性とはどうもズレているようでなんとも。
とりあえず頑張ります。
可愛いとは一体・・うごごご・・・
スポンサーサイト
*
2013*01*11 Fri02:16

生活パートナーとしての美鈴

前回は戦闘の際の美鈴の評価を書いてみました。
今回は普段の美鈴です。
普段は何をしているのでしょう美鈴。


04-2.jpg
動かない大図書館と世界を旅してきた華人小娘。
(片寄ったカテゴリー内ではあるが)パチュリーの知識にも匹敵しうる美鈴。
美鈴の話は主観的な部分と客観的な部分がはっきりしていて、また、例を挙げることも上手く、
人に伝えるが上手。どうやったら相手に伝わるかをしっかり理解したうえで話す。
それに対して特に詳しく伝えるつもりもなく説明を続けるパチュリー。
パチュリーの方法は理解できる人にだけ伝われば良い、という方法。
詳しく説明しない理由としてはなにより『面倒臭い』。
用語を連ねて煙に巻くのが一番楽だ、そう思っている。
紅魔館の面子からの質問にはしっかり答えるので皆困ってはいない。
そんな性格も理解してるので皆の前では質問もしない。
そんな関係ができあがっている。
パチュリーはそんな美鈴の話を聞きながら自分の知らない知識を仕入れ、
また一冊また一冊、と紅魔館の図書館には本が増えていくのであった。


05-2.jpg
紅魔館に住む全ての住民は美鈴に格闘指南を受けている。
人を活かすことが得意な美鈴はまた、人を育てるのも得意である。
レミリアの『私の配下は勿論強くなくてはいけない』という意識を汲むかのように、
紅魔館には力を求める者が集まりやすい。教えを乞う者も、挑む者も現れる。
そんな連中を育てるのが美鈴の役目でもあった。育てるのが得意な理由として、
美鈴は自分の力を完全に制御することが出来た。力の出力を自在に操れるのだ。
なので相手に合わせて手加減、その状態での本気を出せる。
相手にとっては拮抗した戦いが出来るので、とても良い練習になる。
咲夜や小悪魔が体術に長けるようになるのはそんな美鈴にずっと鍛えられたからである。
余談だが、美鈴の格闘指南が人気だという理由の中に
『美鈴に褒めてもらえる』という部分があるのを美鈴は知らない。


06-2.jpg 咲夜の料理は美味しい。
咲夜ちゃんが育つまでは美鈴が一人で料理を出していた。
これはこれで美味しかったのだが、レミリアにはひとつの不満があった。
にんにくではない、そこに気の利かない美鈴ではなかった。
美鈴には中華料理しか作れなかったのだ。
『流石に飽きる。』このセリフを何度聞いたかパチュリーはメモした。
咲夜は美鈴の背を見て育ってきた。美鈴の後を追ってきた。
いつからか、自分の道を歩き出した咲夜を見て、レミリアは安心した。
『やっと色々な料理が食べれる』、と。
咲夜は美鈴の良いところを見習いつつ育っていくようになった。
美鈴も咲夜ちゃんの作る料理が楽しみで(あと包丁での怪我や火傷が心配で)よく厨房を覗いた。
そんな美鈴の期待と心配に応えるように咲夜の料理はどんどん成長していった。
今でも美鈴はよく厨房に現れる。
咲夜の料理は美味しい。


というワケでパチェ、こあだけの予定が咲夜まで入れちゃいました。
普段の美鈴がどうしているのかの説明にはなっていないと思います。
まぁ、うん。ごめんなさい。


そういえば、お邪魔しに行くと言った日曜日のこみトレですが、
なんだか本を置いておいて貰えるとかなので甘えて少し持って行きます。
ス-21ab「ゲキカラササラモン」
でお待ちしているかもしれません。散歩してるかもしれません。
冬コミに来られなかった方は是非どうぞ。
暇なのでスケブとか持ってきていただいて構いません、というかください。暇つぶしさせてください。
(普段のイベントでも持ってきていただいて全然構わないんでね *
2013*01*07 Mon01:05

戦闘パートナーとしての美鈴

ペアの組み合わせを考える時はカップリングでは無く戦うチームを思い浮かべてしまう、白石です。

冬コミで出した新刊では
・美鈴と咲夜ちゃん
・パチェと小悪魔
・レミリアとフラン
でペアを組ませていますが、

他の色々な可能性を考えることもよくあります。
自分の中で鉄板なのはこの3組、レミパチェ、レミ咲、美鈴と誰か(誰でもイケる)の組み合わせです。
問題としては紅魔勢は一騎当千のキャラが多く、割と個々で戦い始めちゃいそうなところ。
やっぱりお互いの弱点をカバーしあうようなペアとかだと良いですね。

そんなことを考えつつ、めーレミとめーフラ、その設定をどをぞ。


02-2.jpg
「一騎当千、まさにその通りね」
「でも、美鈴と私が組んだ時は二騎当万といったところかしら」
そんな感じのこの二人。
「美鈴と組んでるとね、何も気兼ねなく戦えるの。戦場で後ろを見ないで良いって、凄いことよ?」
「咲夜の能力はそれはそれで便利なのだけれどもね」
「美鈴の凄いところはその純粋な強さだけではなく、相手を最大限まで活かすことができることよ」
美鈴に対しこんな評価をするお嬢、ちなみにここの「咲夜」は咲夜ちゃんではなく咲夜さんのことです。
美鈴はその点から誰と組んでも良い、という理論。
その性格、性質上アタッカーよりもサポートに向いてる、とか。
あとこの二人は定期的に手合わせして遊んでたりします。


03-2.jpg
攻撃特化の妹様、性格的にも攻撃特化なため、細かいケア、カバーは大事です。
美鈴さんのサポート能力が凄い活きますね(遠い目
ちなみにこの絵は射出準備です。
ここからぶっとんでいくフランちゃんがヤバい。フラン、ヤバい。


というワケでめーレミ、めーフラでした。
めーパチェなんかもヤバいです。強力な魔法を打ち出す放題パチュリーさん、
そこに近付く相手を須らく潰す美鈴さん。
うーん、強い。
めーさく?聞いちゃいますかそれを(


というワケで次の更新ではパチェと小悪魔を持ってきます。話題も変えます。
*
2013*01*04 Fri18:58

あけまして

冬コミお疲れさまでした。
当サークルは主、売り子共に全員が2時間睡眠という状態からのコミケでしたが、無事乗り切ることが出来ました。
ちなみにその中の二人は更に酒を大量摂取しています。
『冬まっただなか』はアルコール臭いサークルです。

そして年が明けましたね。
相変わらず美鈴を延々描き続けるであろうこのブログ及び私を今年もよろしくお願いします。

01-2.jpg

今年の予定として、とりあえず今描いている過去話の最終話であるレミフラ編を終わらせて、
今までのと合わせて総集編を出したいな、と。そんな感じです。
というワケで今私が何をしなくてはいけないかというと、はい、そうですね。
サークルカットの作成です(遠い目

この三が日は絵を描かなかったワケじゃあ無いんですが、ずっと落描きしていましたため、
サークルカットどうしよう、マジどうしよう。
ちなみに落描きの絵はぴくしぶの方にあげてますが、こちらでも更新の材料として使います。ニコッ
いつも通り?しぶの時とは差異を付けるので許して下さい、はい。


とりあえず、13日のコミトレには遊びに行きます。
遊びに行くだけです。友人のサークルに居座らせていただく予定です。
*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。